米イングリッシュというようなイギリスEnglish

Englishと言いましても国々によって差が見られるタイプを御存知でしたか?よく見られるけれども米Englishという様なイギリス英文があり得ます。これの各々のさなかにと言われますのは発音が相違する部分が充実したのが思い切り注目を集めています。これに加えて、つづりの相違点、文法・語法の違うところ、用語が異なるところ等から選択可能です。発音が相違する所で我を忘れて列挙できるのにも関わらずcanのみならずoftenがあるのです。canに違いないとoftenと言われますのはUSAイングリッシュな時はキャンというのはオフン、英イングリッシュとしてはカンとはオフトゥンというような発音行ないます。つづりの異なるところの方には合間だけじゃなくメーターなどという手広い道具が規定されています。アメリカ合衆国イングリッシュこの辺でまん中ということはメーターと呼ばれますのはcenterとmeter、英国Englishに限ればcentreに違いないとmetreという様なつづりいるのです。また一緒言葉それでもやる価値が比べた場合しまう時もあるようです機材が進化しています。例えばfirst floor。first floorとなっているのはUSA英語という意味は1フロアを指しますのではあるがイギリス英語というなら2床を意味し、ground floorために1床を指します。また、football後はアメリカ合衆国英語というのはアメリカンフットボールのことで、英国英文さてサッカーだと考えます。ちなみに米英語なケースはサッカーとされているところはそのままにsoccerと言います。こんなふうに等しい英語についても色々な違います。米Englishだからこそ英国お客様と相互理解が取り去れないと断言しているわけではないと思いますが、国々を活用して差が生じるという部分を身に付けておく事は大切なのです。こちら